会社の商標登録簿謄本と定款と会社印

法人口座開設の際に提出する会社の商標登録簿謄本

法人は登記することにより設立が認められます。同窓会や町内会など登記の無い社団は権利能力なき社団として扱われ、登記した会社のような税制上の優遇措置も受けられません。会社として経済活動をするためには、登記が欠かせないのです。登記するには法務局に届け出れば良いだけで、認可を受ける必要はありません。適正な手続きを踏めば会社として登記てきる制度を準則主義と言います。会社が法務局で商標を登記すると、商標登録簿謄本が作成されます。商標登録簿謄本には、会社の住所や代表者名など法人として成立するために必要な情報が記載されています。この商標登録簿謄本を金融機関に示せば、正式な会社であることを証明できるのです。そこで、法人口座を開設するには、この商標登録簿謄本が欠かせません。

法人口座開設の際に必要な定款と会社印

法人口座を開設する際には、定款の提示も求められます。定款とは、いわば会社の憲法であり、会社設立の目的や趣旨が書かれている書面です。会社は定款で定めた範囲内の業務しか行うことができず、勝手に業務内容を変更することはできません。こうした定款の拘束があるからこそ、取引相手は安心して取引関係に入ることができるのです。公的に認められた形式に則り過不足なく構成された定款を有することが、会社設立の重要な要素となります。したがって、法人口座の開設にも、定款の提示が求められるのです。また、個人口座と異なり、法人口座の印鑑は代表者個人の実印で代用することはできません。会社専用の印鑑を新たに作成することが必要です。会社の商標をデザインした印鑑を使って口座開設することになっているのです。