取引先への信用度が上がる

起業して会社を興したら口座開設が必要です

会社を運営していくにあたり、銀行口座の開設はやるべき手続きの一つです。その理由は、取引先とのお金のやり取りは、銀行を介して行うのが主流だからです。銀行に法人口座を開設する場合、必ず審査があります。審査を無事通過すると、法人口座を開設できます。銀行の審査をパスして口座を開設してもらうので、銀行のネームバリューが高いほど、周りからの信用度は高くなる傾向にあります。

一般的に都市型銀行は、地方銀行や信用金庫に比べ審査が厳しいと言われています。審査基準が厳しい銀行の法人口座を持っていれば、それ自体がメリットと言え、取引先の、自分の会社に対する信用度もアップする要因になります。また都市型銀行は全国に支店を持っているケースが多いので、スムーズさの点からいってもメリットが大きいでしょう。

法人口座を持つとかなりのメリットがあります

法人口座を持つメリットとして一番大きいのは、お金の流れがわかりやすくなる点にあります。資金の流れや手元残高が通帳でわかるので、収支バランスなどをとりやすくなります。経費削減や資金調達といった戦略的な財務計画を立てやすくなります。特に銀行から新たに資金調達をする場合は、財務諸表以外にも法人口座の資金の流れを確認できる物が必要になる場合もあります。

法人口座をつくる銀行のタイプによっても、メリットが変わってきます。都市型銀行は高額な融資にも対応できます。地方銀行は自店周辺地域のお金の流れに詳しいです。信用金庫は都市型銀行と比べると、審査基準が甘いです。ゆうちょ銀行は口座維持手数料が無料です。ネット銀行は24時間365日、インターネットで振り込みや決済が可能といったメリットがあります。自社にあった銀行を選ぶ事も大事です。